MENU

① 地域の中で、最も優れた平屋住宅を提案できる住宅会社は!?

 

うるま市で平屋住宅を検討するなら、地域の住宅会社の中から、最も信頼できて、相性の良い住宅会社を選ぶことが、最良の選択です。

しかし、住宅を建てる際には検討時間が、必ず必要です。もし少しでも、住宅を慎重に選びたいと思うなら、ひとつの住宅会社だけに、提案を頼むと、他の選択肢を見逃してしまう原因になります。


あとになって、後悔しないためにも、わからない部分は、必ず事前に確認をすることは、重要です。理想の家づくりの計画のイメージを、固めるまでには、気になっているポイントを一つ一つ確認して、最終的にお願いしたいと思える優れた住宅会社・工務店に出会うという道のりをたどるものです。

 

② お住まいの地域の中で、最良のご提案アドバイス可能です!!比較しないと損しているケースも!

タウンライフは、各市区町村単位で、平屋住宅の提案をできる住宅会社を比較して、提案をしてくれるのですぐに比較できるサービスです。

複数の住宅を比較できる立場だからこそ、第三者的な立場から、コスト比較や、提案内容が希望にかなっているかを、慎重に比較することができるのです。

多くのケースで、数社目の住宅会社の営業マンにつかまって、積極的な提案を受けたことで、即決しまったことを後悔している施主さんが、着工してしまい、諦めてしまっているという現状があります。


累計利用者数112万人突破!!
 <<webフォーム申込限定キャンペーン>>から申し込んで頂いた方に、
 『理想に最も近い平屋住宅の計画書を無料でご提案!』@



無料で、比較できる平屋建ての計画書を提案してもらえるので、慎重に検討したいという場合には役立つサービスです。

すでに112万人の利用実績があるので、過去の事例を含め、どんなコスト削減方法があるのか?平屋を建てる上で、必ず確認しておきたいポイントなどについて、事前にアドバイスを受けることができるのは、大きなメリットです。

ワンフロアの利便性&構造の強さ&高気密が、平屋を建てる上での長所ですが、希望の住宅会社を選ぶためには、どんな部分に注意すべきなのか!?など、住宅についての知識を得た上で、最良の選択をすることが可能です!!



⇒【平屋住宅プラン 限定の無料ご提案はコチラから】











 

Q&A地域情報

義兄自身は義両親を大切にしており、何年も付き合った彼女と結婚の話が出た際には、同居を拒否した彼女を義両親に反対され、別れてしまいました。 そんな状態で、結婚適齢期を過ぎようとしている義兄に全負担を強いてまで、新築購入に躍起になっている義両親が不安です。 こんな状況をなんとか打開する方法はないでしょうか。 よろしくお願いします。
耐震診断について。 築40年くらいの和風在来の住宅です。 外観は平屋ですが、内部は一部2階になっています。 2階がのっている1階の天井高さは1800程度です。2階も1800程度です。梁(挿し鴨居みたく)が2階がのっている部分のみ廻っています。他の部屋は3000以上天井高さがあります。 このような場合は、平屋として耐震診断を行うのか。2階建てとして行うのか。分かりません。人によって判断が異なり、自分の納得いく答えではありません。 また、平屋建の場合には耐震補強はどう行えばよいのか。 たとえば構造用合板を入れる場合は1階の梁まで補強で良いのか、その上の梁まで行うのか・・・ どうぞよろしくお願い申し上げます。
その土地(敷地内)にこの度私達の新築を建てる予定しておりますが、その小屋が問題だと建築士さんが言われてました。 素人には難しく説明されていまいちよく分からず・・・ どういった点が問題なのか、新築を建てる事は可能なのか、どなたか詳しく教えて頂けたらありがたいです。 尚、小屋は平屋です。 よろしくお願いいたします。
住宅を建てるにあたっての地盤改良調査結果について妥当かどうか教えてください。 建屋30坪の平屋で考えています。 地盤改良内容が湿式柱状改良工法(φ500 L=1500? 43本)です。(表層部の補強対策必要) 調査内容が川台地低地に属している。地形区分は谷底平野に区分。 表層部は、1mまで1kN自沈(支持力30kN未満)する。それ以後は、数値が大きくなっており、GL2.0付近で貫入不可。 費用は、49万円。 上記の内容になっています。平屋で建てることもあり、表層部の改良が必要だと思いますが、多いのかなと感じました。 すいませんが回答よろしくお願いいたします。